2015年08月25日

波佐見児童合唱団との交流演奏会

波佐見児童合唱団との交流演奏会が終わりました。

去年の夏に波佐見に行ったところで話が決まって一年。ようやく実現しました。

実際やってみないとわからないということで、当日に変更されたことがたくさんありました。よくそれに対応してくれました。

波佐見は歌を追求した合唱団でした。歌がしっかり歌えて振りがある。一部のアカペラのハーモニーは特にいい刺激になったのではないかと思います。

1部.jpg

合同演奏での青い空、ドナウで100人近くのメンバーによる大合唱は聴いていて気持ちのいいものでした。大人数の前で指揮を振るのは初めてだったので私は緊張しましたが、とても楽しく演奏してくれたと思います。

オープニング.jpg

3部.jpg

四部のディズニーは一人一人の個性が発揮された舞台でした。ソロ部分が多いため選択にとても苦労なさったと思います。その苦労が子供たちに届いているなと感じました。

4部.jpg

今回はワークショップで集まった公募の子たちも参加し、島田の舞台はいつもより華やかでした。約二ヶ月でしたが歌って踊って隊形覚えてと大変だったと思いますが、とてもがんばってくれました。絶対に楽しかったと思います。島田の団員もドレミの歌で良い笑顔で行進していてくれたのがとても印象に残っています。最後の混声合唱は最初を思うととても良い演奏になったと思います。正直最初の森のくまさんも出るのか!と驚いていましたが、やってみると楽しい出来になったなと思います。ありがとうございました。また是非遊びに来てください。お待ちしています。

2部.jpg

2部20.jpg

交流会では育成会の方、強力な助っ人の方にはとても美味しい料理を作って頂きました。多くの時間をかけてどんなものが喜んでもらえるかと献立を考えてくださり、100人分の料理はとても大変だったと思います。この場をお借りしてお礼とさせていただきます。ありがとうございました。

今回の交流演奏会はお互い刺激し合った良い交流会であったと思います。良いところはどんどん盗んでいきたいですね。私は波佐見の練習をまたのぞいてみたくなりました。

最後になりましたが、波佐見児童合唱団の講師・団員・育成会の皆様。長崎から静岡までの長旅とてもお疲れだったと思います。それでもリハーサルをしっかり行い、疲れを見せない素晴らしい演奏をしてくれてさすがでした。無事長崎に戻られて安心しました。来年は島田が波佐見で良い演奏をお見せできるように頑張りますので、また来年もよろしくお願いいたします。

村松
posted by shimada-ssg at 00:40| 講師ブログ

2015年07月27日

夏合宿頑張りました!

今年もみんな元気に過ごしてくれました。今回は波佐見児童合唱団との交流演奏会の練習がメインでした。はっきりきめられないこともある中、臨機応変によく対応してくれたと思います。
最初のレッスンではお姉さんが少なかった分、いろんなことが見えました。それからミーティングをやって、みんなの意識が変わり、二日目はとても動きが変わってくれてとても嬉しかったです。みんなが憧れのお姉さんに近付けるようにひとつずつクリアして行きましょう!みんなの成長が楽しみです。
私が高校の時そうでしたが、ひとつのことを精一杯頑張ることができれば、それは将来必ず自信になるし、励みにもなります。新生活になってから夏まで新一年生は特に頑張りました。また一歩先の自信を手に入れられるようにこの先練習して行きましょう!!



最後に快く施設の利用をさせてくれた管理人さん、お食事の準備、片づけなど合宿の準備をしてくださった育成会の皆様、小さい子の面倒を見てくれたOGの三人、差し入れを下さった方々などたくさんの方々にご協力して頂き無事終えることができました。ありがとうございました。

団員のみんなも自分の役割を自分なりに考えて行動してくれてとても立派でした。次は平和祈念式典、波佐見児童合唱団との交流演奏会になります。早めに宿題を終わらせて夏休み終わる間際になって焦らないように気をつけましょう!

次の練習も元気に頑張りましょう!
posted by shimada-ssg at 15:43| 講師ブログ

2015年03月30日

定期演奏会無事終演いたしました

皆さんお疲れさまでした。家族にはちゃんと感想を話せたかな?
四部構成の舞台を作ること、演奏することはとても大変でしたね。お客さんは静かに聞いてくださり、多くの拍手をしていただきました。その素直な反応は歌っていて絶対に気持ち良かったと思います。第一部のクラシックからステージが進むにつれて、徐々にお客さんと団員が一体になっていました。それが四部のミュージカルに繋がり、舞台の成功を収めました。ミュージカルでお客さんが楽しんでいる声を聴けたのはそれまでの雰囲気が良くないと出ないものです。実にうらやましい。大成功だったと思います。

幕が降りた後の感動の場、とても素敵でした。今年は私が参加したことをはじめ、変わったことが多く、特に高校生にはとても苦労をかけました。後輩の面倒を見たり、舞台をよくするためにはどうしたらいいのか自ら考えて行動してくれたりと、演奏だけではなくしっかりと自分たちで考えて一生懸命行動していたこと。これがそういった全体の感動になりました。私が音楽を学び始めたきっかけはその感動を味わったことから始まったので、久々にその場面に遭遇し、ここが大切な場所であるということをより感じていました。

DSC_5648.JPG

私自身至らないことが多く、とても多くの方に協力して頂き、今回の素晴らしい舞台を作り上げることができました。団員の成長した姿を見せ、島田市少年少女合唱団としての組織の活躍を、演奏という形で返せたのではないかと思っております。

来月から新体制になります。これからも特別講師の先生方、育成会の皆様、団員のみんなにはお世話になります。

次回配布する楽譜を高校生がコピーを遅くまでしてくれました。配布を楽しみにしていてくださいね!4月1日は新体制決めとパートわけをします。一年間で成長したみんなの歌を楽しみにしています。

最後になりましたが、市民の皆様、ご来場ありがとうございました。地域の方々に見守られてこのように大きな舞台に立つことができます。皆様の期待を裏切らないように日々精進して行きますので、今後ともよろしくお願いいたします。

村松達彦
posted by shimada-ssg at 10:51| 講師ブログ