2015年08月25日

波佐見児童合唱団との交流演奏会

波佐見児童合唱団との交流演奏会が終わりました。

去年の夏に波佐見に行ったところで話が決まって一年。ようやく実現しました。

実際やってみないとわからないということで、当日に変更されたことがたくさんありました。よくそれに対応してくれました。

波佐見は歌を追求した合唱団でした。歌がしっかり歌えて振りがある。一部のアカペラのハーモニーは特にいい刺激になったのではないかと思います。

1部.jpg

合同演奏での青い空、ドナウで100人近くのメンバーによる大合唱は聴いていて気持ちのいいものでした。大人数の前で指揮を振るのは初めてだったので私は緊張しましたが、とても楽しく演奏してくれたと思います。

オープニング.jpg

3部.jpg

四部のディズニーは一人一人の個性が発揮された舞台でした。ソロ部分が多いため選択にとても苦労なさったと思います。その苦労が子供たちに届いているなと感じました。

4部.jpg

今回はワークショップで集まった公募の子たちも参加し、島田の舞台はいつもより華やかでした。約二ヶ月でしたが歌って踊って隊形覚えてと大変だったと思いますが、とてもがんばってくれました。絶対に楽しかったと思います。島田の団員もドレミの歌で良い笑顔で行進していてくれたのがとても印象に残っています。最後の混声合唱は最初を思うととても良い演奏になったと思います。正直最初の森のくまさんも出るのか!と驚いていましたが、やってみると楽しい出来になったなと思います。ありがとうございました。また是非遊びに来てください。お待ちしています。

2部.jpg

2部20.jpg

交流会では育成会の方、強力な助っ人の方にはとても美味しい料理を作って頂きました。多くの時間をかけてどんなものが喜んでもらえるかと献立を考えてくださり、100人分の料理はとても大変だったと思います。この場をお借りしてお礼とさせていただきます。ありがとうございました。

今回の交流演奏会はお互い刺激し合った良い交流会であったと思います。良いところはどんどん盗んでいきたいですね。私は波佐見の練習をまたのぞいてみたくなりました。

最後になりましたが、波佐見児童合唱団の講師・団員・育成会の皆様。長崎から静岡までの長旅とてもお疲れだったと思います。それでもリハーサルをしっかり行い、疲れを見せない素晴らしい演奏をしてくれてさすがでした。無事長崎に戻られて安心しました。来年は島田が波佐見で良い演奏をお見せできるように頑張りますので、また来年もよろしくお願いいたします。

村松
posted by shimada-ssg at 00:40| 講師ブログ