2019年07月11日

7/10 今日のレッスン

今日は、S先生のレッスンでしたきらきら
小さい子レッスンでは、たのしいうたを通しながら練習しました。くまちゃんくまは、フリはかなりかわいくできるようになってきましたね拍手 ですが、歌が伸ばす時など特にダラダラしてしまっているので、切るところ入るところはサクッと歌って、可愛いけどあくまでもロックンロールな曲に仕上げたいですねおやゆびサイン 

48DA2533-1BDA-4536-BB63-E650363CB381.jpeg

チャールストンぶたは、半音ずつ下がるところの音程をはっきり歌うように指導して頂きました。この曲の魅力の一つなので、符点のリズムと合わせて一つ一つの音を意識しましょうOK! 今日やってみたらすごくオシャレになったので、これからも続けましょうね!フリについては、つま先とかかとを動かすステップのときに足を開きすぎている子、逆に足の間が狭すぎる子がステップをやりにくそうにしているように見えましたあせあせ(飛び散る汗)フリのお姉さんを見て調節してみてね力こぶ お姉さんは教えてあげてください。

D49463B5-CC7B-4B9B-877C-07CFBA66702F.jpeg

くるくるマンボは、歌のことももちろんありますがまず「ウー!」のかけ声に元気がないとすごくつまらない曲になってしまいます失敗 後ろのお姉さんばかりが言っていても仕方ないので、小さい子や小中学生は最後まで1回目ぐらいの勢いで声を出しましょうパンチ ママとゴーゴーは、ママが大好き!と言う気持ちを持って歌うと愛情に溢れた素敵な曲になると思います光るハート 気持ちや表情を意識するだけで歌も弾んでいて良い方向に変わっていたように思うので、ママとゴーゴーの前奏が聞こえたらママ大好き!と心の中で言ってみてくださいにこにこ

2741CC50-9906-427D-8E75-9F72A24A5733.jpeg

お姉さんレッスンでも、たのしいうたの練習をしました。小鳥の結婚式 では、ソロやソリの子達も指導して頂きましたねきらきら 毎回のレッスンで意識して歌うと大きく変わると思うので頭に入れながら慣れていきましょうおやゆびサイン フィディラララララの部分は、つける変化を忘れてしまっていた部分があるのに気づきましたか?1番忘れていた人が多かったのは「おやすみなさい」のあとの部分です! 「おやすみなさい」と言える強さで歌いましょうOK! 夏の山 では、ホラ「ヒ」などアクセントがついている所を意識できている人が少しずつ増えてきたと思いますきらきら 3番の終わりは、静かに終わりますよ! 毎回、みんなが少しずつ強く歌うようになって、いつの間にか全員で忘れて強く歌ってしまっているので、一人一人が大袈裟なほど意識しましょう力こぶ

64B34C9F-8FB5-4D5D-975C-533031B2BE75.jpeg

小鳥だったら も、促音を意識している人が少しずつ増えてきましたきらきら 1人ずつ歌ってみる機会がありましたが、そこでも「だーたら」に聞こえる子が多かったので、ここも大袈裟に意識してみてくださいねおやゆびサイン 強弱での表現も前よりかなりできるようになってきました光るハート 初めはピアノから始まるので、強く出過ぎないように気をつけましょう! 最後の部分は、強くは歌いますが声は優しく夢を包むように歌いましょうメロディ 

BD2428B7-3982-45DA-8E54-0D480F6F52E9.jpeg

また、世界がひとつになるまで の手話を教えてもらいました。歌をしっかり歌いながらできるようになるのはなかなか大変ですが、まずは動きを完璧にしてからだんだん慣れていきましょう力こぶ 
今日教えて貰ったみんなは、次回までに動きはできるようになっているはず…!! 期待していますきらきら
posted by shimada-ssg at 16:43| 団員日記